やらないよりも途中で投げ出す方がマシ

昨日気付いて試したらとても気が楽になったのでメモしておく。

おれは飽きて途中で投げ出してばかりで、「どうせまたすぐ飽きる」と手を出すこと自体を回避しがちになっていたけど、考えてみれば「飽きるところまでやっている」のである。なぜ後退していると勘違いしたのか。飽きるにしろ、失敗するにしろ、やらなかったときよりやって中断する方が前に進んでいるし、何かを得ている。

「上手くできない自分が許せない」という感覚は確かにあるのだけど、自分の価値を気にするのなら、途中で投げ出したとしても、投げ出す所まで進んでいる方が投げ出すことすら辿り着いていない自分より価値があると思う。

『失敗を恐れるな』ってよく言うけど、あれ解りにくいよね。精神論は、ニュアンスが腑に落ちないと何の役にも立たない。成功しようが失敗しようが投げ出そうが、そうした結果はおまけであって、行動した時点ですでに収支はプラスである。

続けてみたいと思う。